公式LINEの使い方、最大限活用できていますか?

実は公式LINE「だけ」を使っていても効果は半減してしまいます・・・

 

公式LINEを今のSEOと絡めた総合戦略を理解した経営者だけが

これから勝っていけますよ!

公式LINE間違った使い方してない?

公式ライン使い方

日々コンサルタントとして多くの経営者とお話していますが、

どうも公式ラインをきちんと使えてない経営者が多過ぎる印象です…

 

例えば、お店の公式ラインから顧客に対して

 

・〇日に空きが出ましたというお知らせ

・今度割引きキャンペーンを実施します!

 

というのを、顧客に公式ラインからただの「お知らせ」としてラインを送るだけなのです。

いえ、この方法も完全なる間違いではないんですけどね。。

 

公式ラインの効果が半減してるんですよ。

ただのお知らせ掲示板にしかなっていないということ。

 

きっと公式ラインの正しい使い方を知らない経営者がまだまだ多いのだと思います。

公式ラインをSEO施策にもする!

私自身元アフィリエイターです。

アフィリエイトで月収100万円を達成し、現在では投資系のコンサルタントや経営コンサルタントをしています。

 

SEO対策にはかなり自信があって、今の店舗や会社もさすがにもう

SEO対策できた媒体の一つは持っていないとライバルには勝てないのではないでしょうか。

 

そうです。紙のチラシや近所の口コミだけでは時代錯誤で集客の限界にきているのです。

 

だからこそのSEOです。

だってSEO集客であれば、ビジネスエリアが一気にひろがりますからね。

 

SEO集客には自社ホームページを使いますが、

2019年、2020年からは特にトラフィックSEOがグーグルから評価が高いです。

 

トラフィックSEOとは何かと言いますと、

「いろんな所から自社ホームページにユーザーが流れてくること」を言います。

 

図に表すとこう。

公式ラインの使い方

ようは、今っていろんなSNSやアプリがありますよね?

これらを『単体で使うのではなく、とにかく自社ホームページに流す』です。

 

例えばですが、公式ラインだったら自社ホームページの一記事に「今月のお店の予約状況」を書きます。

 

そしてお客様からお問い合わせがあれば、ラインのチャットで返信するのではなく、

公式ラインに自社ホームページの個別記事のURLをコピペでお客様に送ります。

 

すると、そのお客様はあなたの公式ラインから自社ホームページを閲覧してくれます。

 

このお客様の行動がグーグルから今、すごく高評価を得られるのです。

 

検索エンジンであなたの自社ホームページが検索上位になれば、

紙のチラシと比較にならないぐらいの膨大な見込み客の数が

 

あなたの自社ホームページを見てくれるのです。

 

このように、公式ライン一つをとっても考え方次第で

新規見込み客アップはかんたんに叶っていきます。

 

実は公式ラインの使い方でもう一つ、最強の戦略があるんですが、、、

全てを公開してしまうと、私のコンサル生に怒られてしまいますので(笑)

 

今回はこの辺で・・・