この記事を読んでわかること

・公式LINEを使うべきメリット2つ

・読まれるLINEで売り上げ2倍になる!

 

あーこです!

 

今までLINE@や公式LINEを使ってきたけれど、

今イチ集客効果が感じられないなーというオーナー様。

 

実は公式LINEも「正しい方法で」使わないとメリットが半減してしまうんです・・・

 

では、私が公式LINEで成約率が50%超になった方法や戦略的思考をお伝えしていこうと思います。

公式LINEを使う本当のメリットとは?

LINEメリット

まず、公式LINEの最大のメリットとは、

「顧客に対してかなり高い確率で届く」ということ。

 

そもそも、チラシやダイレクトメールは今時、予算を使って郵送しても、

非常に高い確率でゴミ箱行きです。

 

なぜなら他社からのチラシやダイレクトメールが毎日うんざりするほど

大量に送られてくるからです。

 

そんな中、異業種他社とおんなじようなチラシを配っても、

「またおんなじようなチラシかー」なんて日々忙しい顧客には目にも留まりません。

 

では、LINEだったらどうでしょうか?

実は日本人のLINE使用率は世界中の国の中でも断トツでトップ。

 

若い世代だけではなく、普段からの連絡ツールとして

どの世代もほぼLINEを利用しているというデータがあります。

 

日本人のほぼ誰もが使うLINEにダイレクトでセールスができたら?

読まれる可能性が飛躍的に高くなるのは言うまでもありません。

必ず読んでくれるLINEで成約率を高める

でも、公式LINEを使っているけれど、

どうも新規顧客やリピーター増加の目に見える効果は感じられない、という店舗オーナー様も多いです。

 

それは、「ただLINEを送っているだけ」という理由が大きいです。

お客様が必ず読んでくれて、あなたの店舗に行きたくなるLINEというのは「コツ」があるんですね。

 

メリットがなければ人は動かない

よくありがちな間違った公式LINE使用方法。。

 

それは、ただお店の事実を伝えているだけ、ということです。

 

例えば、この前店舗プロデュースに成功したネイルサロンA様。

 

このネイルサロンA様は今まで公式LINEの有効活用方法がわからずにいました。

 

月に2回程度、ネイルサロンの空き状況をLINEで「お知らせするのみ」だったのです。

 

これだと、お客様は「あーそうなのね。」で終わってしまいます^^;

 

LINEを受け取ったお客様の心には何も響いていないのです…。

 

そうではなくて、セールスライティングでも重要な知識なんですが、

【人はメリットがなければ動かない】です。

 

ほんの一例ですが、

・残り〇名様だと〇〇〇円で期間限定で予約を承れます!

・このLINE画面をご来店時に見せていただくと〇〇円割引です!

 

などなど。

 

お客様がお店を訪れることで、お客様が受けられるメリット、来店する理由付けを

送るLINEに取入れます。

 

すると、明らかに顧客のLINEに対する反応が変わってきます。

限定性・緊急性・希少性

ちょっとビジネス用語を使います。

今の時代より「1on1」になっていってます。

 

ちょっと頭の中で想像してみてください。

 

物・サービスって大抵の物はもう飽和状態にありませんか?

 

日本全国でどこへ行ってもある程度探せば誰でもどんなサービスでも受けられるのです。

 

不動産会社で例えてみます。不動産会社は不動産をお客様に売って利益を得たいです。

 

でも、不動産会社は公式LINEの使い方をよくわかっておらず、

 

顧客に対して物件情報を一斉送信してしまっています。

 

しかし、

・東京に住んでいる顧客に大阪の物件情報を送ってしまう

・大阪に住んでいる顧客に東京の物件情報を送ってしまう

 

これですと、顧客の需要に合っていないので、定期的にズレた公式LINEを送っても、

お客様側からしたらいつも自分に合わない・興味のないLINEが送られてくるばかりで、

いずれその不動産会社からの公式lLINEは真剣に読んでくれなくなります。いずれブロックされるかもですね。

 

そうではなくて「1on1」。

 

・あなただけのために

・顧客の属性に合った

 

こういったLINEを送れるのが公式LINEの最大のメリットではないでしょうか?