ステップメールの開封率や成約率がなかなか上がらない!

と悩んでいる方も結構多いかと思います。

 

成約率50%の私がどうすれば数字がよくなるかを徹底的に解説したいと思います。

ステップメールのタイトルは15文字

ステップメールのタイトル

 

ステップメールのタイトルはズバリ15文字前後にしています。

だって、長文タイトルのメッセージってあなたが送られてきたら読む気になりますか?

ということです。

 

すごく長いタイトルというのは、スマホで閲覧すればタイトルが折れ曲がるし、

やったら長いタイトルで送られてきても、読者がウンザリして開く気にもなれないでしょう。

 

それよりかは、読まれるステップメールのタイトルというのは、

「よりインパクトのあるキャッチーな」文言だと思っています。

 

私ももちろん、送信するステップメールがより読まれる努力はしていますが、

よりキャッチーに、読者が「お?何だろう?」と興味を惹く文言を考えています。

 

例え、15文字よりもっと短いタイトルでも気にしていません。

それよりも、リストに興味をもってもらえて、メールを読んでもらうタイトルになるよう注力しています。

 

じゃあ、読まれるステップメールのタイトルって具体的にはどんなの?

nameを入れよう

メルマガスタンドの機能に、「差し込みname」ってないでしょうか?

私はずっとメルマガスタンドはマイスピーを使っていますが、メルマガスタンドで代表的なエキスパにも

差し込みname機能はあるかと思います。

 

マイスピー流で言うと笑、

 

%name%さん、こんばんは

%name1%さん、重要なお話しです。

 

とか。差し込みnameを入れることにより、あなたが加藤さんというお名前であれば、

 

加藤さん、こんばんは

加藤たくみさん、重要なお話しです。

 

など、メルマガ読者本人の名前を入れることができます。

あなたはもう、メルマガ配信者なので慣れてしまっているかもしれませんが、

メルマガ慣れしていない読者なんかですと、自分の名前が入っていて、呼びかけられると

読者はドキっとします。

 

私もまだ情報発信にすれていない時なんかは、w

送られてくるメルマガに自分の名前が入っていると、ドキドキしたものです。

 

なので、情報発信者で稼いでいる人というのは、よくメルマガのタイトルに読者の名前を入れるケースは

よく聞きますね。

 

私も毎回になるとやり過ぎですが、適宜差し込みnameをメルマガのタイトルにして

開封率を高めるテクニックは使っています。

奇数を使う

奇数を使うのも高度テクニックです。