この記事を読んでわかること

・ノーショーってどういう意味?

・さすがお役所仕事!使えないNo Show対策

・店舗オーナー様はもう泣き寝入りしないでください。対策できますから!

あなたは、「ノーショー問題」って知ってますか?

いまやお店の予約は、食べログ、ぐるなび、ホットペッパービューティーと

ネットでスマホ一台でかんたんに予約できるようになりました。

すると、キャンセルも急増!かんたんに予約できるけど、かんたんにキャンセルもできてしまうのが現状ですよね・・・

 

店舗オーナーは急なキャンセルを指をくわえて見ているしかないのか?

今回はノーショーの意味について詳しく解説します。

ノーショーの意味は?

NoShow意味

 

ノーショーの意味=予約が入っているのに無断キャンセルで姿を現さないこと

を言います。

よくあるパターンとしては、飲食店に10名の予約をした。

しかし、当日、予約の時間になっても、お客様は現れない。

キャンセルの連絡もないし、いわゆるドタキャンをノーショー問題と言いますね。

経産省の調査によると、ノーショーの損害額はなんと2000億円で、店舗の4割で

無断キャンセルの経験がある、とも言われています。

ノーショー意味

引用元:経産省

経産省もノーショー対策にようやっと乗り出したようですが、ま~さすがお役人。

打ち出した対策が使えなさそう!w

今出ている対策をちょっとだけ見てみましょう。

損害賠償請求をする

予約の無断キャンセルがあれば、損害賠償請求をする・・・ですか。。

それができれば苦労しないっての。

それに、すべてにおいて損害賠償請求をしていたら、噂がうわさを呼んであなたのお店に新規顧客が来なくなるかも?

そう考えると毎回損害賠償請求をするというのは現実的ではないですよね。

飲食業界すべてにおいてがこのスタンスになれば、まだ話は別ですが・・・

予約の再確認

はい、来ると思ってました。「リコンファーム」。

予約の再確認を都度行うほど、暇じゃないってのー

それに、予約の再確認のためだけに人件費を割くというのも、経費がかかり過ぎますよね?

 

・・・うーん、やっぱり経産省というお役人が考える対策って使えないよな。

 

では、飲食店のノーショーはオーナーが泣き寝入りするしかないのでしょうか?

飲食店は泣き寝入りする必要なし!

ノーショー意味

引用元:帝国データバンク

 

この前、衝撃的なデータをニュースで見ました。「飲食店の倒産件数が過去最高を更新」といった内容です。

もちろん、消費税増税もありましたし、顧客が外食を控えているという理由が一番大きそうですが、

それでも、あなたのお店のドタキャンを半減できたら損失もだいぶ減ってきますよね?

それに、ドタキャンを防げればその分他のお客様を入れることもできるので、

やはりノーショーは飲食店の生き残りをかけても取り組む必要性があるのではないでしょうか。

 

以下は、経産省のような机上の空論のような対策法ではなく、

私が実際に店舗コンサルでノーショーを半減できた無料でできる対策法を紹介しています。今すぐ参考にしてみてください。

→No Show(ノーショー)対策無料でできる具体方コチラ!

お客様は神様って実はなくなればいいと思っている

日本は昔から「お客様は神様」という考え方が普通としてまかり通っています。

経済が潤っている時代であれば、ちょっとしたドタキャンにも目をつむれるかもしれません。

しかし、今の不景気では、ちょっとしたドタキャンは店舗の経営も傾きかねないほど深刻な悩みです。

ちょっと不思議な目線のように感じるかもしれませんが、ドタキャンされるお店にこそ問題点が隠されていると思っています。

つまり、お客様との信頼関係が一切ない、ということです。

一見のお客様だけを相手にし、リピーターを確保できていないという問題点があるんです。

ようは、お客様とちょっとでも信頼関係があればドタキャンされにくくなるんです。

「一見のお客様と信頼関係築くなんて無理でしょ~」なんてあなたは思いますか?

実はちょっとした「コツ」でお客様に裏切られずにリピーターになってくれる方法があるんですよ!

その方法を知りたい方は、今すぐ以下の「行列店の成長戦略無料の教科書」をダウンロードしてくださいね。